トップページ >  > タバコと薄毛の関係

タバコと薄毛の関係

タバコはよく百害あって一利なしなどと言われますが、薄毛対策に対してもまさにそのとおりです。 髪の毛を増やすためにメリットは全くありませんので、可能ならやめてしまうのがオススメ。 タバコをやめる方法も病院を活用するなど、できるだけストレスの少ないものを選べば、髪への悪影響を避けられるかもしれません。ここではタバコの影響について解説します。



・栄養が頭皮に届かなくなってしまう
タバコにタールとニコチンが含まれていることは、多くの人が知っていることでしょう。 しかしタバコの害は、それらの物質だけが起こしているわけではありません。 例えば一酸化炭素は、煙草の葉が不完全燃焼を起こした際に発生していますが、赤血球と強く結びつく力があるため、赤血球が酸素を運べない状態にしてしまいます。 しかもタールで肺が汚れているのですから、十分な酸素を取り込むこともできないので、頭皮はもちろん、体全体も常に酸欠状態となってしまうのです。

またニコチンは、全身の血管を収縮させてしまう作用があるため、頭皮のように細かな血管が張り巡らされているところでは、血流が確保できなくなることから酸素不足に加えて栄養まで不足する状態に。タバコを吸い続ければ、まるで頭皮は兵糧攻めにあっているような状態。 薄毛に打ち勝ち、髪の毛を生えさせる余裕は無いでしょう。

・男性ホルモンまで増やしてしまう?
タバコに含まれるニコチンには「アロマターゼ」と呼ばれる酵素を阻害する作用があります。アロマターゼはテストステロンを女性ホルモンに変化させる作用があります。男性にも存在する女性ホルモンは、髪の毛の成長期維持に欠かせません。

薄毛はテストステロンが変化してできる、「DHT(ジヒドロテストステロン)」という物質によって引き起こされている症状です。 タバコにはこのジヒドロテストステロンを作る元になる、テストステロンという男性ホルモンを増産してしまうという効果のあることが、ハーバード大学の研究で最近分かりました。

原因となる物質がたくさん作られるようになるのですから、当然のようにDHTが増え、薄毛は悪化しやすくなります。 薄毛対策では、「必ずタバコをやめなければいけない」という訳ではありませんが、薄毛対策を考える場合はできるだけ控える事をおすすめします。

タバコはよく百害あって一利なしなどと言われますが、薄毛対策に対してもまさにそのとおりです。 髪の毛...