トップページ >  > 頭頂部の育毛と生活習慣

頭頂部の育毛と生活習慣

頭頂部の薄毛対策では毛根にある毛母細胞を活性化する必要があります。育毛剤やサプリで対策する事は非常に重要ですが、それだけでは十分ではありません。薄毛対策には日常生活の改善モヒ上に重要です。ここでは血流を改善するための生活習慣を紹介します。

●睡眠
睡眠は成長ホルモンを分泌し、細胞を活性化する働きがあります。睡眠不足になると自律神経が乱れ、血管が収縮します。その結果、血流量が減ってしまいます。睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠が1セットでおよそ3時間です。できれば6時間は睡眠時間を取ることをおすすめします。

●運動
年齢とともに血行は悪くなります。そこで有酸素運動を取り入れる事で心肺能力を上げる事が重要になってきます。おすすめの運動は1日30分程度のウォーキングです。早歩きくらいのペースがおすすめです。週に3~5回程度がおすすめです。難しい場合は買い物や会社の行き帰りなどの時間を利用したいところです。

●禁煙
タバコは毛細血管を収縮し、血流量を減らす作用があります。血流量が下がることで栄養と酸素の供給が悪くなり、髪の毛は抜けやすくなります。さらに、活性酸素が発生しやすくなります。活性酸素は細胞にダメージを与え、血管をもろくするなど、毛髪の成長によくありません。若い内は活性酸素を除去する酵素(SOD)が豊富にですが、年齢とともにSODは減少して活性酸素は増えてきます。髪の毛の成長を気にする場合は禁煙する事をおすすめします。

ストレス
仕事、人間関係をはじめ、ストレスを抱えていない人はほとんどいません。睡眠不足などによる身体的ストレス、人間関係などによる精神的ストレスなど過度なストレスは自律神経の乱れを引き起こし、血管が収縮してしまいます。ストレスの解消には休息が1番です。自分だけの時間、しっかりとした睡眠時間を確保することです。また、運動をしたり、日光を浴びることなどもおすすめです。

頭頂部の薄毛対策では毛根にある毛母細胞を活性化する必要があります。育毛剤やサプリで対策する事は非常...