トップページ >  > 遺伝と薄毛対策

遺伝と薄毛対策

薄毛は遺伝、体質が大きな要因です。薄毛の遺伝は両親だけでなく、祖父母から影響を受ける事があります。薄毛の影響で大きいのが男性ホルモン量をはじめ、毛乳頭に存在する特殊酵素「5αリダクターゼ」の量、さらには男性ホルモンレセプターの感受性があります。



ヒゲの濃さは男性ホルモンが大きく関係しています。一概には言えませんが、男性ホルモンが多いほど薄毛になる可能性は高くなります。ただ、男性ホルモンの感受性が低ければ、薄毛にはなりません。

男性ホルモンは毛乳頭内の5αリダクターゼの影響を受けてDHTに変化します。DHTは活性型男性ホルモンと呼ばれ、普通の男性ホルモンよりも作用が強くなっています。DHTはレセプターと結合することで、退行誘導因子を生成します。その結果、毛母細胞の分裂活動が弱くなり、髪の毛は抜けてしまいます。

遺伝、体質による薄毛の改善には5αリダクターゼや退行誘導因子を阻害する必要があります。5αリダクターゼの阻害にはノコギリヤシやフィナステリドが有効です。退行誘導因子の阻害は桑白皮エキスや褐藻エキスM-034などが最適です。

遺伝による薄毛対策では退行誘導因子の発生を抑えるか、働きを阻害する事が重要です。それから血流量を改善し、栄養分を毛乳頭に送ることで、毛母細胞の活性化を促進します。そこで育毛剤が活躍します。血行促進成分や細胞活性化、頭皮環境の改善などを行うことで頭髪の成長を促進します。

薄毛は遺伝、体質が大きな要因です。薄毛の遺伝は両親だけでなく、祖父母から影響を受ける事があります。...